江田 小鷹  公益財団法人 出雲市芸術文化振興財団 理事長

江田 小鷹 出雲市では、平成17年6月「21世紀出雲芸術文化のまちづくり条例」を制定され、芸術文化振興に取り組んでこられましたが、昨今の経済をはじめとする社会情勢の大きな変化の中、市の芸術文化振興のあり方の見直しを図られました。その一環として市は出雲市芸術文化振興会議を設立し、「出雲市芸術文化振興指針」の策定について諮問され、その答申をもとに、さる平成23 年3月に「出雲市芸術文化振興指針」を策定されました。

 その指針の中で、「出雲芸術アカデミー」には「音楽のまち出雲」の推進や芸術文化活動の担い手の育成などで大きな期待を寄せられており、その期待に沿うよう努力してまいりました。 そのような中、「出雲芸術アカデミー」は平成23年度地域づくり総務大臣表彰奨励賞を受賞いたしました。当アカデミーがこれまでの努力を評価され、この賞を受賞しましたことは、大変名誉なことであり、うれしく思っております。このような賞を受賞できましたのもひとえに、皆様方の芸術文化、とりわけ、音楽振興に対する深いご理解と暖かいご支援の賜物と厚くお礼申しあげます。

 これからも中井章徳芸術監督、米山道雄学長をはじめとする指導陣で、受講生の技能向上と市民の中に根付いた活動を展開し、地域に貢献できるよう努めてまいりますので変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申しあげます。

米山 道雄  出雲芸術アカデミー 学長

米山 道雄 平成17年10月、未来をひらく子どもたちの夢を育む「出雲芸術アカデミー」が設立され、9年目を迎えました。 かねてより「レッツルネッサンス」を叫び、「科学と文化のまちづくり」を提唱してきましたここ出雲に、「科学」・「芸術」と二つの顔がそろいました。こんなことは他市、他県にも類はなく、誇るべきことであり、大変な出来事であります。

 スローガン「今が大切 明日をめざして」を掲げ、心と技を育む場として、大きな役割を担いたいと願っております。 幼児科の《親子リトミック》、本科の《リトミック》《合唱》《オーケストラ》、別科の《合唱》《オーケストラ》《邦楽》、それぞれがさらに充実してまいりました。 これまで各方面からご支援いただいておりますが、専門の先生方にも熱心に関わっていただき、ただただ感謝しております。

 子どもたちのすばらしい巣立ちを楽しみに、私たちは大きな使命を果たしたいと願っております。さらに市民のみなさまのお力添えをいただきますようお願い申しあげます。

中井 章徳  出雲芸術アカデミー 芸術監督

中井 章徳 出雲芸術アカデミーへようこそ。アカデミーはみなさんが大好きな音楽をみんなと一緒に学んでいくところです。 音楽には、一人で演奏出来るものもあれば、一人では出来ない音楽もあります。一人では出来ない音楽は「アンサンブル」と呼ばれ、合唱や合奏としてみんなで一つの音楽を創りあげます。それは例えば、チームでプレイするスポーツとも似ています。

 スポーツでは試合に勝つために競い合いますが、音楽は「美しい」「素晴らしい」という感動のために技と心を磨き上げます。「もっと上手になりたい」という純粋な向上心が、より美しい表現やより深い感動につながっていきます。 「学問に王道なし」という言葉があるように、音楽も近道はありません。 日々の練習の積み重ねと努力が何よりも大切で、自分自身と闘っていく中で成長していきます。

 アカデミーには音楽を専門に学んでいる先生がたくさんいらっしゃいます。大好きな音楽からたくさんの学びを得てください。しかしながら、みんなで作り上げるということは大変なこともあります。何事もはじめは楽しく、途中から難しくなっていきます。なかなか上手くできなくて途中で投げ出したくなることもあります。難しいのは「上手になること」ではなく、実は「コツコツと続けること」です。その難しさを乗り越えたとき、音楽は喜びとなって大きな感動の力になります。

 アカデミーの音楽院では、幼児期から音楽に触れる「幼児科」、小学生から高校を卒業するまでの「本科」、大人になっても「別科」として、生涯を通じて学び続けることが出来ますから、自分のペースで急がず焦らずじっくりと音楽に向き合っていきましょう。そして今年度も音楽を通じて多くの発見や驚き、喜びや感動を共にしていきましょう。

Message from 
大植 英次  出雲芸術アカデミー 名誉顧問 

大植 英次 何度か音楽会で訪れた出雲市で「出雲芸術アカデミー」の存在をお聞きした時には、大変感激致しました。  

 「出雲芸術アカデミー」の存在は、昨今の殺伐とした情勢の中、将来を担う子供たちに芸術・文化を通し、夢や希望を与え、豊かな心を持った大人への成長に導く大きな役割を持ち、大変重要な教育の一環であると考えます。また、子供達の教育ばかりではなく、芸術文化活動を支える指導者の育成は、今後、創造性豊かな人材育成に重要不可欠なテーマだと思います。

 それ故、この度、「出雲芸術アカデミー」の名誉顧問に就任致しましたことは、非常に栄誉なことであり、アカデミーの活動に非常に大きな期待をしつつ、応援しております。  

 「出雲芸術アカデミー」で学ぶ皆さんへ、この与えられた素晴しい環境の中で、夢を持ち、その夢を実現するよう頑張って下さい。そして、あなた方ひとりひとりの夢が実現した時、その喜びを、仲間たちと皆で分かち合ってほしいと思います。出雲から世界に羽ばたく音楽家、芸術家が生まれることを楽しみにしています。(2007年)