石鼎と出雲の俳人たち

 原石鼎は明治19年(1886)、現出雲市塩冶町に生まれ、大正から昭和初期にかけて全国で注目された俳人です。島根県簸川中学校(現島根県立大社高等学校)在学中から句作に励み、明治45年(1912)次兄を訪ねて現奈良県東吉野村に留まり、俳句に開眼。ここでの句が高浜虚子に認められ、大正4年(1915)ホトトギス社に入社して活躍します。その後、東京日日新聞や大阪毎日新聞などで選者となり、大正10年(1921)には俳句結社「鹿火屋」を主宰。関東大震災後は病に苦しみながらも後進の指導にあたり、昭和26年(1951)に65歳で没しました。
 本展では、没後70年にあたり、郷土が誇る石鼎の俳句や俳画を展示します。あわせて郷土ゆかりの江戸から昭和時代の俳人たちも紹介します。

期  間:2022年10月8日(土)~11月27日(日)
休 館 日 :月曜日(祝日の場合は開館)
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
場  所:出雲文化伝承館 展示室
観 覧 料 :大人800円
※高校生以下無料
※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、戦傷病者手帳の所持者、及びその介助者1名は半額となります
※20名以上の団体は100円引
ネットクーポンはこちら



石鼎チラシ表石鼎チラシ裏


☆ギャラリートーク☆

「石鼎と出雲の俳人たち」の展示に合わせてギャラリートークを行います。

1⃣ 10月8日(土)2⃣ 10月22日(土)3⃣ 11月5日(土)4⃣ 11月19日(土)

◇時 間 各回11時から 40分程度
◇講 師 当館学芸員
◇定 員 30名(当日先着順、申込み不要)
◇その他 観覧料が必要です