シルクロードの詩 鳥屋尾敬展

 鳥屋尾敬氏は1949年出雲市に生まれ、出雲高校時より有馬侃氏に師事し、岡山大学教育学部を卒業後は、島根県内の中学校で教師として奉職されました。1980年東光展で「冬の水揚」が初入選、また1988年日展で「シルクロードの詩」が初入選して、翌々年からは日展に20年連続して入選しました。
 同氏にとってシルクロードへの取材は大きな転機となり、ライフワークとして描き続けたテーマでもあります。本展では、中国敦煌やイスタンブール、サマルカンドなどで取材した「シルクロードの詩」連作を中心に、40年にわたる画業を約40点の作品により紹介します。
 なお出雲文化工房では、入場無料で同氏の小品展(風景、静物画ほか)を開催します。

期  間:2022年5月28日(土)~7月3日(日)
休 館 日 :月曜日
開館時間:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
     ※初日の5月28日は10時30分開館
会  場:出雲文化伝承館 展示室
観 覧 料 :一般600円
     ※ 一般の方で身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、 戦傷病者手帳をお持ちの方、
      及びその介護者1名300円
     〇 20名以上の団体は500円
     〇 高校生以下無料
     ネットクーポンはこちら

鳥屋尾敬氏によるギャラリートーク

◆日時 毎週土・日曜日 14:00~14:30
◆定員:各回30名 
◆事前申込み不要(当日先着順、展示受付までお越しください)※要観覧料

鳥屋尾敬展おもて鳥屋尾敬展うら

出雲流庭園講座

1⃣ 6月12日(日) 
◆演 題 出雲流庭園の石材 その2
◆講 師 原 裕二 氏(島根県技術士会)

2⃣ 6月19日(日)
◆演 題 体感「出雲の人々がひそかに楽しむ庭の見どころ」
◆講 師 林 秀樹 氏 (島根県技術士会)

 1⃣2⃣とも共通
◆時 間 10:00~12:00
◆会 場 出雲屋敷
◆定 員 各20名
◆参加費 300円
◆申込み方法 電話申込み 5/24(火)午前9時より受付開始(先着順)
       出雲文化伝承館
       TEL:(0853)ー21ー2460


※雨天の場合は講座終了後の出雲流庭園内のガイダンスは中止いたします
※新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止する場合があります

 

出雲流庭園講座